福岡で医学部進学率の高い予備校の特徴を紹介します

福岡には医学部を持つ偏差値の高い大学がいくつかあり、手に職をつけられることや医師不足の問題もあり目指している方も多いです。医学部では福岡は九州で唯一私立の医学部大学を持つ都市でもあり、予備校においても福岡をはじめ九州の医学部に特化したところもいくつかあります。医学部予備校に多い特徴として、少人数制があります。学習効果を高める参加型の授業であったり、マンツーマン指導なども取り入れられています。また全寮制の予備校もあり、通学時間を無駄にすることなく24時間体制でサポートを行ってくれるなど、学習環境にこだわった予備校もありおすすめです。医学部入試に精通した講師が入試の対策と傾向を教えてくれるなど、サポート体制が整っているので、目標に向かって力をつけることができます。

福岡で医学部を目指すなら、地元密着型の予備校がおすすめ

昨今医師不足傾向にあり、人口一人当たりに対する医師の数は2人ほどで、日本は他の主要国と比べても低めです。また、医者は人の命を預かる責任の思い職業であり、常に新しい発見や進歩が繰り返されていくため、知識の習得は医師になってからも続きます。ハードな職業ではありますが、多くの医師を必要としていることもありステイタスとしても申し分ありません。平均年収は1,150万円ほどと、サラリーマン平均の3倍ほどとなっており職業としての魅力も十分にあります。医者を目指すためには、なんとしても医学部への進学が必要です。福岡には医療における高い知識や技術の習得ができ、かつ協調性や倫理観を持つ医療人の育成に力を入れている大学がいくつかあります。福岡の医学部大学を目指すなら、地元九州の医学部受験に強い予備校を選ぶとよいです。

医学部予備校をどう選ぶ?比較のポイント

数ある医学部予備校の中から自分に合った予備校を見つけるには、カリキュラムの内容と講師の質を比較しましょう。まずは資料請求、そして体験授業を受けてみるなどして、実際の雰囲気、内容を知るのも重要です。個人面談では自分に必要なカリキュラムなどを指導してもらい、生徒への指導力もチェックしましょう。また、設備面では余裕のある自習室、時間帯を気にせず利用できること、リラックスできる場所もあることなどもチェックしておきましょう。医学部予備校の受講料は手厚いフォローを受けるため大変高額です。希望するコース以外にも必要となる費用がないかも確認しておきましょう。予備校は合格を勝ち取るための養成所です。目標とする大学が福岡にあるのなら、福岡の近くで出題傾向などを分析しつくしている予備校を選ぶべきです。遠方の方は寮を利用するなど、合格するためにできることはしておきましょう。