福岡で医学部進学のための予備校に通う費用を説明します

九州第一位の経済都市で大手予備校の直営校もある福岡は、進学予備校激戦区のひとつです。福岡は、旧帝大として実績の豊富な名門の国立大学の医学部をはじめ、いろいろな私立大学の医学部もあるため、医学部志願者にはとても恵まれた環境です。したがって、医学部予備校も充実しているわけです。医学部予備校の学費は、大手予備校と医学部専門予備校では大きく異なります。大手予備校の医学部対策コースでは100万円以下で受講できることが多いですが、医学部専門学校では、食事代や個別指導料金など含むとはいえ平均500万円ほどの高額な授業料が必要です。医学部専門学校ではこの授業料を一括で納付する場合も多いので、家計に大きく影響してきます。しかし、費用が高い分、少人数制の採用やきめ細かいサポートがあったり、後者の設備がしっかり整っていて快適な学校が多いのが特徴です。

医学部進学のための福岡の予備校のメリットとデメリット

福岡で医学部進学を目指すには大手予備校と医学部専門予備校があることは見てきましたが、どちらにも良し悪しというのはあります。大手予備校は全国に多くの学生が在籍しており、定期的な模試で自分とライバルのたちとの学力を比較でき、莫大なデータもあるため精度の高い偏差値を算出したり合否判定が可能です。腕のいい講師は大手予備校に集まるので、授業料に関係なく合格実績も出しています。しかし、生徒数の多さから集中力の散漫や講師との距離が遠いというデメリットがあり、自己管理で学習することが基本となります。医学部専門の予備校は少人数制を採用している学校が多く、学習進捗度の把握から成績管理まですべて学校側が行います。各生徒に合ったオリジナルの対策などを指導してくれるメリットがあります。高額な授業料はやはり医学部専門予備校で一番ネックになるところでしょう。

福岡で医学部合格率のいい予備校を見つける際のポイント

福岡で医学部予備校は年度ごとに合格実績を出しますが、実はこの合格者数の多さだけでは本当に合格率のいい予備校とは言えません。学力の高い学校で選抜試験を勝ち抜いた合格確率の高い生徒が多い予備校ならば当然合格実績も高くなるからです。福岡で医学部進学のための予備校を見つけるポイントとしては、やはり授業スタイルと自分の性格、適性を照らし合わせることが第一歩。なまけやすい、マイペースで勉強したいという人は個別指導がいいでしょう。ライバルとの競争が必要だと感じるならば集団授業がいいでしょう。次に、授業が難しすぎてついていけなければ意味がありませんので、自分の学力に合わせた授業のコースがある予備校を選ぶことが大切です。パンフレット、資料請求はもちろん説明会にも参加し、質問の受け付け体制やカリキュラムなどもしっかり確認して本当の意味で合格率の高い予備校を見つけましょう。